ハイレベルなプリントTシャツ

オリジナルTシャツ作成

自分でデザインしたオリジナルTシャツ

街中で見かけるハイレベルなプリントTシャツは実は販売されているものではなく、自分で作成したTシャツなのかもしれません。

最近では、自分だけのカッコいいオリジナルTシャツをデザインしてプリントしたものを着ている人も少なくありません。

加工の技術も市販されているものと変わりませんので、デザインや色使いなどを工夫するだけで市販のTシャツよりも優れたものが安く作成することができます。

何よりも、自分でデザインしたオリジナルTシャツを身につけて楽しむことができるというのがいいではありませんか。

オリジナルTシャツを作る方法

オリジナルTシャツを作る方法はいくつかあると思いますが、最も手軽なのがアイロンプリントを使った方法でしょう。最近はアイロンプリントがプリンターで印刷できるシートも販売されており、それを使えばさらに簡単にオリジナルTシャツを作れます。それらのシートにはたいてい、そのシート専用にセッティングできるソフトやドライバーの入ったディスクが同梱されているので、Tシャツにプリントしたいロゴやイラスト、写真などをスキャンなどしてパソコンに取りこみ、後はそのままシートにプリントアウトして、アイロンで転写するだけです。

手の込んだTシャツ作成

シンプルであり、短時間でデザインする作業が終了するTシャツ作成もあるかと思われますが、手の込んだ時間のかかるデザインをする人もいる様です。やはりTシャツ作成においては、完成した物を自分たちで着るという事を考えると、手は抜けないと感じている人も多い様です。

手の込んだTシャツ作成は、完成度が高いと感じる事もあるかと思いますが、欠点としては作業に時間がかかるという事が考えられます。手の込んだTシャツ作成と言っても、パソコンで作業をしている場合には、同じ作業の繰り返しで、コピーアンドペーストを利用する事によって、複製できたりする事もあると思われます。手の込んだTシャツ作成において納期が決まっている場合には、遅れない様にするためにどうしたらいいのかという事について考えましょう。

バックプリントを取り入れたTシャツ作成

前の部分だけにプリントをするのではなくて、バックプリントを取り入れたTシャツ作成を行う事もできます。Tシャツ作成においてバックプリントを利用すると、大きくプリントする事ができるのではないかと思います。

また目立つ部分でもありますので、特に力を入れてTシャツ作成のデザインを考えてはどうでしょうか。また、バックプリントを取り入れたTシャツ作成においては、表や袖の部分などはシンプルなデザインとして、パックプリントをメインとして見せるというのもいいかと思われます。Tシャツ作成に関しては、デザインを考える事も重要ですが、そのデザインをどの場所に配置するのかという事も同じ位重要でしょう。